すごい!ムダ毛
すごい!ムダ毛
ホーム > 現金化 > クレジットカードのショッピング枠を換金するリスクなどについて

クレジットカードのショッピング枠を換金するリスクなどについて

ショッピング枠を換金するクレジットカード換金には、発覚するとクレジットカードを強制的に解約させられて利用料金の一括返済を求められるというリスクがあります。
カード利用停止のみで済んで再開される場合もありますが、解除させられるとショッピング枠で購入した商品の代金とキャッシングに利用した金額を全て支払う必要があります。
転売目的でクレジットカードを利用することは違法ではありませんが、多くのカード会社が認めていません。
最近では、転売目的のクレジットカード利用をカード会社で発見する技術が向上しています。
商品券や金券やゲーム機やブランド品などは買取店などで比較的高く買い取られる傾向にあり、カード会社もそのことをよく分かっています。
したがって、普段商品券やブランド品などをクレジットカードで購入しない人が、それらの商品をまとめ買いするとカード会社から転売目的だと疑われることがあります。
また、クレジットカード換金が発覚すると、自己破産が行えなくなるというリスクがあります。
発覚することで必ずしも自己破産が行えなくなるというわけではありませんが、裁判官の心証が悪くなって自己破産以外の債務整理でも不利になる場合が多いです。
業者が指定した商品をクレジットカードで購入してキャッシュバックを受ける場合は、手数料が別途必要になるので最終的な還元率は80%以下になることが多いです。
したがってクレジットカード換金は、決して得な方法ではありません。
クレジットカードで購入した商品の代金は後から支払わなければいけないということを、きちんと意識することが大切です。

ネオギフトの評判はこちら